ドイツ連邦ネットワーク庁が、盗聴可能な子供向け腕時計(つまりスマートウォッチ)の販売を禁じたり破壊を勧めている

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 4 分の記事です】

ネット上のニュースを見ていたら、こんなニュースが

子供向けスマートウォッチ、盗聴機器に該当する懸念(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/news/2017/11/24/139/

このマイナビニュース、出典はどこかというと、セキュリティ会社ESET社の提供するセキュリティニュース

Kids’ smartwatches banned in Germany over spying concerns
https://www.welivesecurity.com/2017/11/20/kids-smartwatches-banned-germany-spying-concerns/

ESETのニュースの出典は、BCCニュース

Germany bans children’s smartwatches
http://www.bbc.com/news/technology-42030109

BCCニュースを見て初めて、マイナビニュースで書かれていた「ドイツ当局」がどこかわかります。

Bundesnetzagentur(ドイツ連邦ネットワーク庁)

です。

で、ドイツ連邦ネットワーク庁の該当記事はこちら。

Bundesnetzagentur takes action against children’s watches with “eavesdropping” function
(ドイツ連邦ネットワーク庁が盗聴機能を持つ子供向け腕時計に対して対処する)

https://www.bundesnetzagentur.de/SharedDocs/Pressemitteilungen/EN/2017/17112017_Verbraucherschutz.html

・・・おいおい、マイナビニュース、

又聞きの又聞きをニュースにしているのね・・・。

元情報 → BBC → ESETニュース → マイナビニュース

せめて「ドイツ当局がどこか」ぐらいは調べて情報の裏はとってほしいな。ニュースサイト名乗っているんなら。

と、ニュースサイトの又聞きについては置いておいて、ドイツ当局の子供向け腕時計(実質的にスマートウォッチ)について、対処していることをプレスリリースしています。

スマートウォッチ

子どもが持つデバイスの盗聴については、以前、

子供と会話する人形Cayla(カイラ)

がスパイ人形として、同じくドイツ連邦ネットワーク庁から使用禁止にされました。

基本的に考え方は同じ。

子どもが持つデバイスで盗聴(本人の同意なく、子どもや回っりの音声を録音もしくは送信)可能なスマートウォッチについて、販売の禁止としています。

また、盗聴可能なスマートウォッチをもっている子どもの親には、それを破壊し破壊したことを証明するように勧めている、とのこと。

佐藤英治
情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+