喫茶店でのネット上のサービスのパスワードを入力は避ける

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 2 分の記事です】

お友達と喫茶店でお話をしていて、Facebookのログイン場所の確認とパスワードと二段階認証についての話をしました。

で、ログイン場所で今操作しているデバイス以外の場所は削除して、二段階認証導入した上でログインし直す、という話をしたのですが、

喫茶店でネット上使うパスワード入力しちゃ駄目だよ

と説明。

喫茶店は不特定多数の人が利用するので、そこで入力しているパスワードを見られたら、ほかのデバイスからログイン試みられてしまうからです。

避けるべきなのは「ネットワーク上のサービスのパスワードの入力」。

スマホのロック解除の入力は「有効範囲はそのデバイスだけ」なので、これみよがしに見せつける必要はありませんが、

  • デバイスを奪われないように注意する
  • 他のネット上のサービスでも流用しているパスワードを避ける

のであれば、それ程神経質にならなくてもいいです。

ということで、Facebookのパスワードは「デバイス限定」ではなく「ネット上で使える」ものなので、喫茶店ではなく、自宅でパスワード入力し直してもらうことにしました。

佐藤英治
情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+