自分の身体が元手

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 1 分の記事です】

事務所移転して、福井県産業情報センターのスタートアップエリアで業務をすることにしました。

事務所内の整理をしていますが、目につく場所に、この標語を貼ることにしました。これ、福井商工会議所の2016年カレンダーの表紙です。

自分の身体が元手

小資本で開業されたるものは、自分の身体を元手として努力を惜しまぬものであらねばならぬのである。努力と独創を資本とするものである。(小林一三)

この先、会社が大きくなるかそれともなくなってしまうかは、正直わかりません。大きくなった時、手にするものが多くなった時、そしてそれを奪われたり手放さなくならなくなった時、そういう時でも

俺にはこの身体がある

と思える決意。そういう決意を忘れないように、目につくところに貼っておこうと思います。

 

佐藤英治
情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+