【7週間目】社長の画力を3ヶ月でアップさせる【iPadを使ってみた】

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 3 分の記事です】

お世辞にも絵がうまいとはいえない社長の画力をアップする、という目標を立てて7週間。

絵のうまい友人に、相談したところ、iPadのアプリを使うと、線の手ブレなどをうまく修正して見栄えのいい絵になる、ということで、

  • Sketch Time
  • Adobe Shape
  • Adobe Draw

を使って絵を書いてみました。

で、今回は手の絵ではなく、私が写っている写真を元にトレースをしたものをアップロードしてみました。

ツールを駆使して描いたのはこちら。ツールの使い方になれるのも含めて、3時間ぐらい掛けて書きました。

社長の絵をトレース

ちなみに元の写真はこちら。

代表取締役 佐藤英治

テクノロジーって便利!

他にも試しで、最近やっているスポーツチャンバラの絵を書いてみました。これ、正味30分程度です。

スポーツチャンバラ

そんなに画才のない私でも、それなりの見栄えになります。

作り方としては、

  1. 元になる画像を拾ってくる
  2. Sketch Timeを使って、写真の輪郭をトレスして、トレス下絵を保存
    (自分の写真なので問題無いですし、ネットからダウンロードした場合は多少独自要素をつけたりして問題ないレベルで似せます)
  3. Adobe Shapeで先ほど保存した絵を取り込み
    輪郭線の手ブレを修正して保存
  4. Adpbe Drawでレイヤ機能を使って、輪郭だけでなく色を埋めていく

という感じです。

結構ツールが面白かったので、今回は自分の全体像を絵にしてみたくなりました。

画力が上がっているかどうかはわかりませんが、少なくとも「あたかも上達したように見せる」ことはできている感じです。

よし、これでもっと練習してみよう!

【3週間目】社長の画力を3ヶ月でアップさせる

社長の手の絵20150823

 

社長の画力を3ヶ月でアップさせる

hand-150801

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
初めての方は、トップページで弊社について、ぜひご確認ください。
↓↓↓クリックしてトップページへ↓↓↓
まるおかディジタル株式会社
まるおかディジタル株式会社
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+