インフルエンザで外出を控える期間についての厚生労働省のQ&A

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 2 分の記事です】

病気の感染を防ぐことは情報セキュリティの分野ではないのですが、事業継続計画という観点で言うと、事業の継続を困難にするパンデミックなどは全く無関係の領域ではありません。

ということで、今日はインフルエンザの話題。そろそろインフルエンザが流行りだす、いや、この記事を書いている2017年に関してはかなり早い時期からインフルエンザの感染がみられたらしいです。

で、インフルエンザに感染したら、これ以上の拡大を防ぐために、発症した人には休んで外出を控えていただく必要があります。どれくらい外出を控えるかは、厚生労働省のサイトのQ&Aに掲載されています。

インフルエンザQ&A
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html#q17

個人差はありますが、発症してから3~7日ぐらいは外出を控える必要があるとのこと。

被害の拡大を防ぐためにも、発症者は無理して仕事をしないでいただきたいものです。

佐藤英治
情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+