DNSを書き換えるマルウェアの危険性|第95回 資格試験勉強会 in 熊堂

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 2 分の記事です】

人に見えるところで資格取得勉強しよう、ただそれだけの勉強会を福井県産業情報センターのコワーキングスペースで実施しています。

第95回 資格試験勉強会 in 熊堂(2017年1月6日 19:00~20:30)

この日は、個人情報保護士とプロジェクトマネージャーの資格試験勉強をする方が参加。

今日の話題はDNSを書き換えるマルウェアについて

勉強会タイトルカバー

学習時間の前にニュースサイトを見ていると、こんなニュースが。

無線LANルータを攻撃するAndroidマルウェア登場 | 企業IT | マイナビニュース

これは非常に危険なマルウェアです。

DNSを攻撃する手法はキャッシュポイズニングなどがあり、よく狙われる対象ではあります。DNSから嘘の情報を流すことによって、インターネット利用者は本来訪問すべきサイトとは別のサイトの方に誘導されてしまいます。

このマルウェアが非常に危険なのは

  • AndroidからWi-Fi接続で簡単にアクセスできる
  • 自分のPCがセキュリティ対応していても、ルータが不正な情報を発信していたら偽のサイトに誘導されてしまう

もちろん、有効な対応策は「無線LANルータのパスワードを初期値から変更する」です。このマルウェアが仮にガセだったとしても、この対応自体は有効です。

次回は

2017年1月10日(金曜日) 19:00~20:30

の予定です。

前回は

2016年12月27日(金曜日) 19:00~20:30

でした。

Facebookページ

資格試験勉強会 in 熊堂(福井)

勉強会Facebookページへのお問合せ
資格取得勉強会へのメッセージ
FacebookMessenger

です。ぜひ覗いてみてください。

---最後までご覧いただき、ありがとうございます---

[PR] 今までの実績等を御覧ください。
弊社は情報セキュリティ教育・研修・コンサル業務を行う会社です。

まるおかディジタル株式会社

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+