学生・中学生・高校生の保護者のインターネット利用

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 2 分の記事です】

内閣府は平成21年度から毎年、 青少年のインターネット利用環境実態調査というのを出しているのですが、面白いのは、小学生・中学生・高校生についてだけでなく、

保護者のインターネット利用

についても調査しています。

元情報になるのはこちら。

青少年のインターネット利用環境実態調査

ただ、これをもとに分析を行っているサイトが有り、2つほど秀逸なサイトを見つけたので、そちらを紹介。

平成28年の保護者のネットワーク利用を見ると、スマホを利用している保護者は83.9%。

の保護者の年代で、30歳代はインターネット利用時間は2時間30分で中学3年・高校1年とそんなに変わりません。

30代で中学高校の子どもがいるとは限りませんが、子供に対して、「ネットやスマホばっかりして」という叱り方は適切ではないのかもしれません。

 

佐藤英治
情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+