セキュリティのお仕事が不要な世界や時代が来たときのために楽しい体験を紹介できるようにしておく【土曜日は社長の思いをブログに】

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 2 分の記事です】

土曜日は、まるおかディジタル株式会社社長佐藤英治が経営者としての想いを書いていこうと思います。

今は情報セキュリティのお仕事をさせていただいています。たまたま私がこの仕事に適性があるからですが、

セキュリティの仕事が必要ない世界

の方がいいに決まっています。セキュリティの対応が必要なくなって、私のお仕事がなくなる状態が理想です。

で、私のお仕事が必要なくなったら次の仕事何にしようか。プログラミングなどもいいのですし、研究職もいいのですが、

楽しい体験を伝えることが出来る仕事

もいいかなあと、思っています。

残念ながら、私には今のところ、楽しい体験を伝えることに対して適正はないみたいなので、そういう楽しいお話が出来るように今のうちから努力しておこうかと思います。

そう思って、楽しいイベントとか楽しい交流とかを最近は積極的に行うことにしています。

もちろん現実的にセキュリティの仕事が不要な世界が来るとはとは考えにくいですが、めざす必要な作業ですあるかなと。

ということで、セキュリティの仕事が不要になる世界を目指して、情報セキュリティのお仕事、邁進させていただきます。

佐藤英治

情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+