基礎知識を身に付ける参考書と試験に打ち勝つための参考書は少し異なる|第52回 資格試験勉強会 in 熊堂

ぜひシェア願います!
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

【これは約 4 分の記事です】

人に見えるところで資格取得勉強しよう、ただそれだけの勉強会を福井県産業情報センターのコワーキングスペースで実施しました。

第52回 資格試験勉強会 in 熊堂(2016年7月29日 19:00~20:30)

勉強会タイトルカバー

今のところ

  • 情報セキュリティスペシャリスト

受ける予定で、申し込みは完了。

  • 個人情報保護士
  • カラーコーディネーター2級3級

は合格しました。

この日のこの時間帯は別の勉強会に参加しているのですが、それはそれとして、情報セキュリティスペシャリストの勉強もしています。

情報セキュリティスペシャリスト受験準備

情報セキュリティスペシャリストの参考書、一通りは勉強したのですが、どうも午後問題の解答、自分が書いたものと過去問の解答との間のずれがうまく埋まらないので、それを埋め合わせることができるテキストがないかなと思って、ちょっと探してみました。

で、見つけたのがこの本。

ポケットスタディ 情報セキュリティスペシャリスト[第2版]

このポケットスタディシリーズ、若干テクニック要素が強く、基礎的知識についての説明があまりなされていないので、最初の参考書としてはお勧めはできない。つまり、情報セキュリティの基礎知識がない人間がこれを読んで勉強しても、正確な知識が身につかない。

が、「試験で失点を減らす」ことを目的にする分には、非常によくできた参考書。すでにある程度情報セキュリティの知識を持っている人間がこの問題集を読んだら「ああ、確かにここで引っかかってきちんと正解をかけない」と頷きたくなるはず。

私はネットワークスペシャリスト合格者だが、このポケットスタディのネットワークスペシャリストも「試験での失点を減らす本」だった。私が合格した時にはこの本は出ていないのでこれを使って合格したわけではないのだが、合格者の視点から見て「確かにここは引っかかる」というところをうまくピックアップして対策を練っている、と感じる。参考までに、ポケットスタディネットワークスペシャリストもここで紹介。

ポケットスタディ ネットワークスペシャリスト[第2版]

基礎知識を身に付ける参考書と試験に打ち勝つための参考書は少し異なる、と感じています。基礎知識を身に付けずに試験テクニックの参考書を利用しても有害ですが、試験テクニックはテクニックで、難易度の高い試験の場合には多少知っておく必要はあるな、と思います。

次回は

2016年8月5日(火曜日) 19:00~20:30

開催予定です。

前回は

2016年7月29日(金曜日) 19:00~20:30

でした。

Facebookページ

資格試験勉強会 in 熊堂(福井)

です。ぜひ覗いてみてください。

佐藤英治

情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。ITコーディネータ。IPA登録セキュリティプレゼンター。

東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を福井県坂井市丸岡町に設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。

情報セキュリティの研修・IT関連資格取得支援・コンサルティング・セキュリティアクション宣言の支援・取材のお問い合わせなどございましたら、こちらからご連絡ください。

メール・お電話・FAX・Facebook
https://www.maruoka-digital.jp/contact/form/

セミナーの実績

ぜひシェア願います!
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin