個人情報保護士認定試験直前で過去問を420問ほど見直す|第36回 資格試験勉強会 in 熊堂

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 4 分の記事です】

人に見えるところで資格取得勉強しよう、ただそれだけの勉強会を福井県産業情報センターのコワーキングスペースで実施しました。

第36回 資格試験勉強会 in 熊堂(2016年6月3日 19:00~20:30)

勉強会タイトルカバー

今のところ

  • 個人情報保護士
  • カラーコーディネーター
  • 情報セキュリティスペシャリスト

受ける予定です。

この日は

個人情報保護士認定試験直前

ということで、直前勉強しました。ちょっと早めで

19:00ではなく18:30から開始しています。

個人情報保護士

手元にあるのは、

  • 個人情報保護士認定試験公式テキスト
  • 公式精選過去問題集
  • 全日本情報学習振興会から送られてきた精選問題集

ありがたいことに、受験者に対して、全日本情報学習振興会から本番の形式に近い問題集が2冊送られてきました。どう近いかというと

問題が120問150分で解く前提で、出題内容範囲と問題数も同じ

です。感触がつかめてありがたいですね。

この勉強会の時間は90分なので、150分の時間は取れません。なので、150分試験のシミュレーションは前日済まして、この勉強会の時間は、その復習に割当てました。

120問を150分というのを見て、最初は「え?」と思ったのですが、解いてみると、50分で解けました。正解率87.5%。本番ではこんな飛ばし方はしませんが、今の段階では過去問を数こなすほうが得策なので、本番形式に近い問題集は150分で240問解きました。

この勉強会では、更に「公式精選過去問題集」も解きました。358ページを60分で解きました。だいたい180問ぐらいです。1問あたり20秒です。問題の読み方が雑になりますが、それでも正解だと断言できる問題は大丈夫だろうという判断です。

前日解いた試験形式に近い過去問とこの日解いた358ページの過去問を振り返り、なぜ間違えたかを60分ぐらいで分析。だいたい420問ありますが、間違えない自身があるものはサラッと流しています。

  • 保有個人データの利用停止をしなければならない条件の混同
  • マイナンバーの通知カードと個人番号カードの取り扱いの混同
  • マイナンバー法における個人番号の取り扱いと特定個人情報の取扱の混同

この辺りが弱かったので、徹底的に見なおしです。

次回は

2016年6月7日(火曜日) 19:00~20:30

開催予定です。

前回は

2016年5月31日(火曜日) 19:00~20:30

でした。

Facebookページ

資格試験勉強会 in 熊堂(福井)

です。ぜひ覗いてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
初めての方は、トップページで弊社について、ぜひご確認ください。
↓↓↓クリックしてトップページへ↓↓↓
まるおかディジタル株式会社
まるおかディジタル株式会社
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+