福井商工会議所の対応は坂井市役所のいい加減さと違い的確

ぜひシェア願います!
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+

【これは約 2 分の記事です】

先日、会社照合の際の坂井市役所の税金担当者のいい加減な対応に辟易した件を書きましたが、同じような会社照合の際の手続き、福井商工会議所は雲泥の差でまともな対応してくださいました。

とある申し込みを電話でしたのですが、その申込は商工会議所の会員でなくても出来る申し込みでした。ただ、会員情報を参照して登録してもらったほうがこちらが伝えることが少なくて楽なので、こちらは商工会議所の会員であることを伝えてその申込をしました。

そこで会員情報との照合が必要なので、商工会議所の窓口の方は私の会社名を聞いてきたので、「まるおかディジタル株式会社」と名乗りましたが、どうやら照合できなかったようです。そこで窓口の方はこう質問してきました。

「お電話番号いただいてよろしいですか」

会社情報の照合方法として的確ですね。たくさんの部門があるなどなら話は違いますが、基本的に電話番号のような数字は伝えるときにゆらぎが起きにくい情報です。窓口に弊社の電話番号を伝えると、その方は私の会社情報を見つけてくださいました。

もっとも、これが普通の対応と思いますが。坂井市役所はこういう基本的な対応もできないんですね。税金徴収側の自分はそういうことをする必要ない立場だと思っているのかもしれません。

佐藤英治

情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。ITコーディネータ。IPA登録セキュリティプレゼンター。

東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を福井県坂井市丸岡町に設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。

情報セキュリティの研修・IT関連資格取得支援・コンサルティング・セキュリティアクション宣言の支援・取材のお問い合わせなどございましたら、こちらからご連絡ください。

メール・お電話・FAX・Facebook
https://www.maruoka-digital.jp/contact/form/

セミナーの実績

ぜひシェア願います!
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Google+
Google+