e-Govの法令検索で、まともな法令表示が「別画面で表示」出来るように改善されたので紹介するなら別画面のURL

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 3 分の記事です】

政府が提供する電子総合窓口「e-Gov」。このサービスの一つで法令検索が提供されています。

このシステム、2017年10月2日にリニューアルをしたのですが、あまりにもユーザインターフェイス設計がひどすぎてこういう記事を書きました。

e-Govの法令検索結果で<HTML>タグが3つあるなど、設計が狂っている
https://www.maruoka-digital.jp/blogcontent/2210043527/

で、この記事はその4ヶ月後。

ソースを見ると、相変わらず<html></html>タグが入れ子になって3つあったり、無駄なフレームで印刷が全文できないなど、HTMLをちょっとかじった素人が自分の知っている文法をひけらかすレベル(iFrameなどひけらかすレベルの知識ではないし、基本的に使わない設計がスマート)でデタラメに設計したとしか思えない作りのページで、一体どこの業者が作ったか知りたいところですが、1点だけ改良されているようです。

それは、

「別画面で表示」ボタン

10月の時点ではなかったボタンです。

このボタンを押すと、こんな感じで普通に法令が表示されます。

別画面表示された法令

全文普通に印刷できます。

スマートフォンでも支障なく表示できます。

なお、この例で表示しているのは電波法ですが、通常画面のURLと別画面URLをそれぞれ紹介

「電波法」(通常画面)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC0000000131

電波法(別画面)
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/viewContents?lawId=325AC0000000131_20171001

別画面のURLのlawIdのパラメータで「_20171001」と付与されていますが、この部分を削っても法令は表示されました。おそらく、2017年10月1日にデータベース変更したあとのものであることをわかるようにする識別子でしょう。

ということで、法令のURLを紹介するのであれば、通常画面ではなく、別画面の方にすることをお勧めします。

佐藤英治

情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+