【一旦終了】社長の画力を3ヶ月でアップさせる【再現できない品質】

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 2 分の記事です】

お世辞にも絵がうまいとはいえない社長の画力をアップする、という目標を立てて、もう3ヶ月経ちました。

一旦終了するのですが、課題は結構ありますね~

  • スピード感が足りない
  • 品質が再現できない
  • 新しい構図を書こうとすると汚らしくなる

自画像の絵は、前回それなりにうまくなって、こんな感じです。

トレース無し自画像151008

で、この品質で、別の構図にチャレンジしたのですが、

3週間かけてこんなクォリティー

スパゲティ食っている図

スパゲティ食っている図ですが、イカンな、これは・・・

まあ・・・最初に比べれば雲泥の差ですが、割といい感じで掛けた自画像に比べると圧倒的に落ちますね。

3週間前から最終課題でポツポツ書いていたのですが、

  • 練習頻度が少ない
  • 一日あたりの所要時間は30分以内、ただ、たまに2時間ぐらいダラダラやって品質はほとんど上がっていない感じ

で、あまり上達していない感じ。新しい構図になると、全くうまくないですね。

今後の課題は「短時間でのクォリティーの再現性」かなと思っています。

佐藤英治
情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+