カラーコーディネーター検定試験で、不正ではないカンニングを実施|第41回 資格試験勉強会 in 熊堂

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 3 分の記事です】

人に見えるところで資格取得勉強しよう、ただそれだけの勉強会を福井県産業情報センターのコワーキングスペースで実施しました。

第41回 資格試験勉強会 in 熊堂(2016年6月21日 19:00~20:30)

6月19日は、カラーコーディネーター検定試験受けてきました。3級と2級を受けてきたのですが、2級の本番で

不正ではないカンニングで一問問題を解きました。

不正じゃないカンニング

ちなみに、カンニングした問題はこれ。

天井は明度[–穴埋め1–]の無彩色、または彩度4以下の低彩度色が中心で、これらは天井を高く見せ、のびやかで[–穴埋め2–]イメージになる

(2016年度第40回カラーコーディネーター検定試験2級問題より引用。[–穴埋め–]のところは記号を置き換えています)

住宅や建築物の色彩についての問題で、ここでは、天井の明度が一般的にどれくらいか質問されています。穴埋め1の選択肢は

  1.  2以下
  2.  3~4
  3.  6以上
  4.  9以上

・・・ちょっと自信ないな。

・・・試験会場の天井見るか。

(天井の色彩の分析)

会場の商工会議所の会議室の天井はガラはついているけど無彩色。白くないから明度9ではないな。でも灰色よりも明るいから、答えは明度6以上だ。

ということで、実際の天井から回答をゲット。

顔を上げて天井を見ただけなので、ほかの方の答案は見えていません。何の細工もしていない天井を見ることは不正行為ではないです。

答えがそこに堂々と置いてあれば、そりゃ見るでしょ?

なお、穴埋め2の回答は「軽快な」です。それは天井見なくてもわかりました。

次回は

2016年6月24日(金曜日) 19:00~20:30

開催予定です。

前回は

2016年6月17日(金曜日) 19:00~20:30

でした。

Facebookページ

資格試験勉強会 in 熊堂(福井)

です。ぜひ覗いてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
初めての方は、トップページで弊社について、ぜひご確認ください。
↓↓↓クリックしてトップページへ↓↓↓
まるおかディジタル株式会社
まるおかディジタル株式会社
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+