フィッシング件数には波があり、2017年第2四半期は縮小で、第3四半期は急増しているようだ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 2 分の記事です】

フィッシング対策協議会経由で見つけたの情報で、2017年の第2四半期(4月から6月)のフィッシング攻撃は約10万件と2014年の第3四半期と同じ水準にまで下がったという情報を見ました。

フィッシング攻撃、前四半期比4割減 – 約3年ぶりの低水準
http://www.security-next.com/085893

このセキュリティネクストサイトでは、前年同期(2016年第2四半期)と比べると2割ほどの件数となっていますが、前年同期の報告数が約52万件だったので、前年同期が多すぎたと言っていいです。

フィッシング攻撃少なくなった、と喜んで入られません。

同じセキュリティネクストサイトで、今年の8月に届けられたフィッシング報告件数は急激に増えています。

フィッシング報告、17カ月ぶりに1000件を突破 – URLも大幅増
http://www.security-next.com/085403

もっとも、この2つのニュースの情報源は異なり、1つ目に紹介した第2四半期の攻撃件数は、「RSA AFCC(オンライン不正対策指令センター)」、8月のフィッシング報告件数は「フィッシング対策協議会」が情報源なので、完全に同じ土俵ではないのですが、フィッシング攻撃には波があり、落ち着いたからと言って油断はできないのです。

 

---最後までご覧いただき、ありがとうございます---

[PR] 今までの実績等を御覧ください。
弊社は情報セキュリティ教育・研修・コンサル業務を行う会社です。

まるおかディジタル株式会社

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+