最近のウェブのURLのドメイン名はwwwつけないのが流行りのようで、ちょっと迷うことがある

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 3 分の記事です】

弊社サイトのURLは

http://www.maruoka-digital.jp/

と、ウェブのドメイン名はwwwをつけています。

wwwは「World Wide Web」の略です。一つのドメインに他にも別の役割を持ったサーバが存在するので、それと区別するために「www」をつけています。

wwwの他には以下の様な役割のサーバがあって、多分こう名付けられるだろうというドメイン名も書いてみました。

Webサーバ www.example.com
メールサーバ mail.example.com
ftpサーバ ftp.example.com
gopherサーバ gopher.example.com

ただ、最近のWebのドメイン名の傾向として、wwwをつけないというのも増えています。

wwwを抜くメリットですが、なんといっても

URLの文字数が短くて済む

です。

wwwを抜いてしまうと、他のサーバとの区別が問題になりますが、現実問題として、www以外のサーバを一般の方々の目に止まるようにする必要はないので、www抜いたドメイン(「ドメイン名」は用語として別の意味を持っていますのでここでは「ドメイン」と呼びます)の部分をURLで利用してもそんなに支障はないのかもしれません。

相手にお伝えすることを考えると、URLで使用するドメイン名は短いほうが良いのは確かです。

ただ、「www」が文字に含まれていると「これはウェブのURLだ」と認識して自動的にリンクを貼ってくれるサービスもあります。それを考えると、wwwをURLにつけておいたほうが良いのかなとも思うのですが、

自動認識させるなら「http://example.com」の方が確実

とも考えます。

ウェブサイト構築するとき、最近ちょっとこの辺りの「www」つけるかどうか対応で悩むことがあります。今のところは

  • 基本は「http://www.example.com」とwwwありで構築
  • 「http://example.com」でアクセスされたら「http://www.example.com」にリダイレクト

にしていますが、これ、お客様と話をしていると、逆のほうが良いかなと思うこともありますね。URLの短さとかわかりやすさを考えると。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
初めての方は、トップページで弊社について、ぜひご確認ください。
↓↓↓クリックしてトップページへ↓↓↓
まるおかディジタル株式会社
まるおかディジタル株式会社
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+