今のうちに、サマータイムに賛成するかしないか、政治家や技術者・ジャーナリストやコンサルタントの態度を記録しておいたほうが良い

ぜひシェア願います!
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

【これは約 2 分の記事です】

2018年8月時点で、2020年東京オリンピックに2時間のサマータイムを導入するという思いつきレベルの発案が出ていますが、意外なことに、これに賛同する政治家やジャーナリストが多数いるようです。

合理的な思考とはとても思えないのですが、これを期に、

その政治家やジャーナリストはサマータイムに賛成するか

を記録にとっておいたほうが良いかもしれません。

夏の花

私佐藤英治は、反対でございます。理由は単純で

  • 検証期間が著しく短い

こと。

だいたいこの方がおっしゃられていることに賛成

サマータイム実施は不可能である
https://www.slideshare.net/tetsutalow/ss-109290879

逆に言えば、検証期間が6年以上であれば、少なくとも検討の余地はあり、場合によっては賛成もありです。6年というのは、うるう年を2回は経験する、ということ。「夏だからうるう年関係ないのでは?」と思うかもしれませんが、検証はすべての組み合わせをまず考えるものなのです。そこから検証方法を検討し、必要なテストを実施する。そういう検証プロセスを踏まずしてのサマータイム実施は極めて危険と考えます。

佐藤英治

情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。ITコーディネータ。IPA登録セキュリティプレゼンター。

東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を福井県坂井市丸岡町に設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。

情報セキュリティの研修・IT関連資格取得支援・コンサルティング・セキュリティアクション宣言の支援・取材のお問い合わせなどございましたら、こちらからご連絡ください。

メール・お電話・FAX・Facebook
https://www.maruoka-digital.jp/contact/form/

セミナーの実績

ぜひシェア願います!
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin