phpMyAdminが1440秒でタイムアウトするのはvagrantの検証環境では短すぎるので、86400秒に変更

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 3 分の記事です】

VagrantでPHPとMySQLを使ったアプリケーションの動作検証をしています。

MySQLデータベースの閲覧確認はphpMyAdminを使うのが一般的だと思っていますが、こいつのタイムアウト時間は

1440秒 = 24分

開発では他の情報を見たり作業をしながらデータベースを操作するので、この時間でphpMyAdminがタイムアウトするのは短か過ぎます。

Vagrantで自分のパソコンで閉じた環境なので、ここはタイムアウト時間を短くしても問題ないでしょう。ということで、

86400秒 = 1日

に変更。長過ぎますが、開発環境ならまあ良いんじゃないか、ということで、

  1. 「vagrant teraterm」でコンソール接続
  2. 「/etc/phpmyadmin/config.inc.php」の編集
  3. 「/etc/php.ini」の編集
  4. 「httpd」の再起動

を実施。

「/etc/phpmyadmin/config.inc.php」は、最後に一行追加

「/etc/php.ini」は、[Session]を見つけて、その項目に

の行を加筆。

で、service httpd restartと。

開発環境でいちいちログインし直す手間が省けていい感じです。

お使いの PHP のパラメータ session.gc_maxlifetime が、phpMyAdmin に設定されているクッキーの有効期間より短くなっています。このため、phpMyAdmin に設定されているよりも早くログインの期限が切れます

とは表示されているのですが、感触的にはログインの期限は1日以内の操作なら切れないっぽいです。本番環境ならこういうメッセージを解決すべきでしょうが、開発環境ですし、まあいいか。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
初めての方は、トップページで弊社について、ぜひご確認ください。
↓↓↓クリックしてトップページへ↓↓↓
まるおかディジタル株式会社
まるおかディジタル株式会社
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+