試験中の貧乏ゆすりは勘弁してほしい|第85回 資格試験勉強会 in 熊堂

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 3 分の記事です】

人に見えるところで資格取得勉強しよう、ただそれだけの勉強会を福井県産業情報センターのコワーキングスペースで実施しています。

第85回 資格試験勉強会 in 熊堂(2016年11月22日 19:00~20:30)

今日は私は1級カラーコーディネーターの勉強です。で、出席している方との話題で、貧乏ゆすりの話が出てきました。

貧乏ゆすり

実は、前回の情報セキュリティスペシャリスト試験の際、前に座っている方の貧乏ゆすりがあまりにもひどい状態でした。

試験会場が大学だったので、長い椅子の背もたれと次の列の机とがつながっているタイプの座席でした。なので、

前に座っている方が貧乏ゆすりすると、その振動が後ろの机に伝わってきます。

いや、伝わってくるなんて半端なものではなかったです。もろにマークシートが揺れ、ペンを動かしていてもペン先がずれてしまいます。

音もひどくて、カタカタという音が私の耳に聞こえてきます。普段、勉強会は他の人がしゃべっているところでもやってはいますが、みんながしゃべっている中での音と、本来静かであるところに唯一聞こえてくる音とでは、感じ方が違います。

ずっと貧乏ゆすりが続いていたわけではないので、おそらく難易度とか自分が考え込んでいるときなどについやってしまっているのでしょう。

午前2問題はそういう状態。午前問題はマークシートなので、ちょっとぐらいペン先がずれても何とかなりますし、貧乏ゆすりのせいで気が散って解けないというほどの難易度はありません。とりあえず何事もないかのように試験を受け続けました。

が、さすがに記述式の午後1と2はそういうわけにはいかないだろうと予想しました。お昼休みに試験官の方にお願いして、受験する机を変えていただきました。私が移動するだけで済むので、穏便に事は済んでいます。

おかげさまで貧乏ゆすりを私は気にせず午後の試験を受けることができました。

多分この方、自分が貧乏ゆすりしている意識ないんじゃないかと思います。やめてといっても無駄でしょうし、それでその人の受験コンディション落とすのは本意ではないので、何事もなかったかのように試験を終えました。

次回は

2016年11月25日(金曜日) 19:00~20:30

の予定です。

前回は

2016年11月18日(金曜日) 19:00~20:30

でした。

Facebookページ

資格試験勉強会 in 熊堂(福井)

勉強会Facebookページへのお問合せ
資格取得勉強会へのメッセージ
FacebookMessenger

です。ぜひ覗いてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
初めての方は、トップページで弊社について、ぜひご確認ください。
↓↓↓クリックしてトップページへ↓↓↓
まるおかディジタル株式会社
まるおかディジタル株式会社
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+