ランサムウェアの検出が目立った2017年第二四半期

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 1 分の記事です】

IPAから、コンピュータウイルス・不正アクセスの届け出状態及び相談状況のレポートが出ました。

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況[2017年第2四半期(4月~6月)]
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2017/q2outline.html

2017年の第二四半期のレポートは、何と言ってもランサムウェアWanna Cryptorの影響を大きく受けています。

マルウェア全体の約70.5%、ランサムウェアが占めているという、驚異的な占有率です。

佐藤英治

情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+