分掌

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 1 分の記事です】

セキュリティのしっかりした組織運営をするために、

分掌

の重要性は強調していいと思っています。分掌とは

(仕事を)手分けして受け持つこと

です。業務の責任範囲を明確にする、という意味合いを明確にする際には、

業務分掌

という表現でも表します。

何故分掌が重要かというと、

  • 権限が集中すると、不正の実施の抑制が効かない
  • 責任範囲が明確でないと、業務の取りこぼしが発生する
  • 仕事が分かれていることで客観的なチェックが出来る

からです。

情報セキュリティは、何も技術的な問題に対応するだけではないのです。

佐藤英治
情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+