サイバープロパガンダ

ぜひシェア願います!
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 2 分の記事です】

トレンドマイクロのセキュリティブログで、興味深いキーワードがありました。

サイバープロパガンダ
嘘やデマ

トレンドマイクロのセキュリティブログ

サイバープロパガンダの基礎知識
http://blog.trendmicro.co.jp/archives/16114

一般用語の「プロパガンダ」は、一般大衆の意見を誘導し、世論を操作するための手法です。これ自体は昔からある方法です。

これに「サイバー」がつくと、「電子的手法を利用した」プロパガンダになります。

トレンドマイクロは、サーバプロパガンダの手法を以下のように分類しています。体系的な分類ではないので、多分今後この分類は変わっていくと思いますが、2017年頃の分類はこうです。

  • データベースハッキング
  • 端末機器の乗っ取り
  • フェイクニュース

特に、フェイクニュースは、2017年現在、一般用語になりつつあると言っていいです。

フェイクニュースとは、嘘のニュース、嘘の画像や動画、そういったものですが、それがSNSなどでの情報共有などによって、ものすごい速さで拡散してしまいます。

今のところ、プロパガンダに対処する最善の方法は「敵のプロパガンダに対抗するためのカウンタープロパガンダ」と言われています。こちらも組織的にキャンペーンを行うほうが、フェイクニュースが嘘であることを証明したり、攻撃者に1体1で対応するよりも対策として優れている、と言われています。

私はこの説に違和感を感じていますが、明確に論破できるほど考えがまとまっていません。

佐藤英治

情報処理安全確保支援士第5338号。ネットワークスペシャリスト。防災士。ITコーディネータ。IPA登録セキュリティプレゼンター。

東北大学大学情報科学研究科第2期生。1994年からインターネットに携わる。システムベンダーの総務社内SEとして、社内システムの構築運用や従業員教育に関与。2015年情報セキュリティ専門法人「まるおかディジタル株式会社」を福井県坂井市丸岡町に設立し現在に至る。研修では基本的に着物でお話させていただいております。

情報セキュリティの研修・IT関連資格取得支援・コンサルティング・セキュリティアクション宣言の支援・取材のお問い合わせなどございましたら、こちらからご連絡ください。

メール・お電話・FAX・Facebook
https://www.maruoka-digital.jp/contact/form/

セミナーの実績

ぜひシェア願います!
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+