【IPA登録セキュリティプレゼンター】2017年2月8日(水) 標的型サイバー攻撃の手法と対策セミナー開催のお知らせ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+

【これは約 5 分の記事です】

IPA登録セキュリティプレゼンターとして、自社開催のセキュリティセミナーです

こんな感じで、着物でセミナーしております。写真はセミナー準備中の自撮り。全身をご覧になりたい方は、ぜひセミナーにいらしてください。

着物で大野商工会議所様

 

中小企業の総務担当・コンピュータ担当の方、敷居は高くないですよ

情報漏えい対策って敷居が高いんじゃないか、そこまでやらなくてもいいんじゃないか、と思っておられる中小企業の皆様にこそ、ぜひ悪意のある人間による攻撃手法を知っていただきたいと考えております。

もちろん、経営者の方、個人事業主の方にも是非お勧めします。

敷居の高くない、情報セキュリティのお話です。

個人事業主・中小企業も踏み台などで狙われます

情報漏えい、これは大企業の問題だと思っていませんか?

  • 私の会社には盗まれて困る情報はないよ

とおっしゃる方、結構中小企業でお見掛けします。

ちょっと待った

「盗まれて困る」は、誰が判断するの?

皆様の会社には、お客様の住所や連絡先といった情報、ありませんか?

盗まれて困る、を判断するのは、その情報の主体ご本人ではないでしょうか。情報を預けた先が勝手に「盗まれても大丈夫」と考えているようでは、安心して情報の提供ができません。

自分が加害者になってしまわない?

悪意のあるクラッカー(ハッカー)は、自分が悪事をやっていることを隠すために、他のパソコンなどを乗っ取って攻撃などを仕掛けます。

ご自身が加害者になってしまうということもございます。

「標的型」って何?

無差別に攻撃を仕掛けるのではなく、ある企業や組織を狙い撃ちにして攻撃を仕掛けるのです。

「それこそ狙われるの、大企業では?」と思われるかもしれませんが、個人や中小企業が狙われることもあるのです。

開催情報

日時 2017年2月8日(水) 14:00~15:45
2017年2月8日(水) 19:00~20:45
2回とも同一内容ですので、いずれか一方にご参加ください
場所 福井県産業情報センターシステム設計室
費用 無料
(事前のお申し込みが必要です)
内容 企業内の情報を不正入手しようとする各種サイバー攻撃など、その手法や対策を知るためのセミナーです

中小企業内で情報セキュリティを推進する方を対象としております

個人事業主の方でも、自己防衛のために受講をお薦めします

定員 1回あたり20名

メールフォーム

暗号化について
お名前 (※必須)
メールアドレス (※必須)
お電話・携帯番号 (※必須)
所属会社・組織名 (任意)
お申込みセミナー(※必須)

このフィールドは空のままにしてください。
ご質問・備考など (任意)
入力いただいた個人情報は、お問い合わせの対応目的にのみ利用させていただきます
是非、お申し込みください。

その他のセミナー

その他セミナー情報は、願います。

福井県外の情報セキュリティセミナーについて

この講習は福井県で実施されます。他県でも開催されておりますので、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の情報セキュリティセミナー情報をご確認いただけると幸いです。弊社のこのセミナー情報も掲載されております。

IPA情報セキュリティ啓発、地域の講習会開催情報
http://www.ipa.go.jp/security/keihatsu/sme/local_2016.html

チラシ

このようなチラシを作っております。是非お友達の方々にもご紹介ください。

2月8日の情報漏えい対策セミナー

---最後までご覧いただき、ありがとうございます---

[PR] 今までの実績等を御覧ください。
弊社は情報セキュリティ教育・研修・コンサル業務を行う会社です。

まるおかディジタル株式会社

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Google+